読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自己都合退職の崖へと詰め寄られた

会長は呆れたように「なんで、ここまで書かなくちゃいけないの」と言いました。素っとぼけるつもりはありませんが、こんなところで自己都合で辞めたくはないので、なんとかやんわりとお茶を濁したいと思い、「え?私、そんなにひどいこと書きました?」と答…

問題の発端は引継ぎメール

ここからは、証拠を残すために録音した会長との会話を、他のメンバーにも参考になるよう文字起こししたものから抜粋した実録を交えてお送りしますw 会長は手にしたメールのプリントアウトを見ながら、さらに続けました。 「A社があなたからのメールを見て、…

このまま穏やかに時が流れるはずもなかった

ついに1人になってしまった 配置転換の上で、会社に復帰して以来、毎日が緊張状態のようで、やはり22日の夜も動悸が気になってなかなか寝付けず、23日の深夜1時半ごろにようやく寝付いたのですが、2時間後の3時半に咳き込んで目が覚めてしまい、それきり眠る…

カリスマ姉弟の反撃

さて、「3/20付け解雇で受けるので、不足している2日分の解雇予告手当てと、社保の会社折半分の一部として、断りなく減給し続けた給与額面3%×2年分の返金を求める」としたカリスマさんのメールに対して、会長から以下のような返信がありました。 ○○(カリス…

来週からの営業の仕事に備える

質問書が1枚だけ返ってきた しばらくすると、私が「黒い雨」に渡した2枚の質問書のうち、倉庫研修の1枚だけが、なぜか会長の手によって戻されてきました。あれだけ会長が「(黒い雨に)聞いてくれ」と言っていたにも関わらず、結局は2人で相談して回答を書い…

人それぞれの報復行動・・・・

なにはともあれドロ舟脱出を祝って 子持ちママさんとおっちょこちょいな人は、自己都合退職ではあるけれど、有給休暇をできるだけ取った上での4/20付け退職となり、当初は3/20で切られることになっていたのからすれば、退職日を1ヶ月延ばすことができて、そ…

とにかくなんでも、書類、書類、書類

録音した会話を聞き返す 翌22日の午前中は、4年前から約1年間だけ一緒にお仕事をしたクラフト関係の会社へ、挨拶がてら出かけることになっていました。そのため、前日に自ら張り出してきた異動の辞令が、どの程度社内に認識されているかは分からないままでし…

内側と外側から締め上げよう

労働条件を提示してもらおう 先ほどのブログに書き忘れてしまったのですが、21日の販売部での仕事内容説明の後に、異動後の労働条件について、書面で提示してくれるように会長に依頼しました。これは、最後の反論メールの終わりの方にも書いていたことですが…

まずは軽い応酬から

通勤電車のなかで開き直る 3月1日から始まった、有休消化による長い春休みは終わってしまいました。春休みとはいっても、毎日のように労働関連で関係各所へ相談に行ったり、状況が変わるたびに、どこかにツッコミどころはないかと、ネットで調べたりしていま…

週明けからの闘いに備える

そもそもの赤字の根拠を探る そもそも書籍編集部が解散になり、私たちが解雇とされた大元の原因、「??00万円の赤字」について、結局なんの説明もないままでした。それに、私たちは自分たちの作りたい本を勝手に作っていたわけではなく、大半はトップダウンで…

いくつかの道筋を考える

再び体調と睡眠が不安定に 3/13に解雇を撤回されて以来、夜寝ようとすると「バクバク」と動悸のする日々が続いていました。なかなか寝付くことができず、やっと寝たと思っても、夜中の2時半~4時の間に目が覚めてしまい、そのまま眠れずに朝になってしまうこ…

週明けには動き出さなくては!

自己都合でも辞めたい2人 さて、3時間を費やしたメールに、たった1行だけの返信が5分後に会長から来たことをラインに流すと、すぐさまカリスマさんからも「私のところにも来てた。くそぅ~タヌキめ~~」と怒りのコメントが返ってきました。これで会長の対応…

ちなみに最後の反論メールはこんな感じでした

株式会社○○○○○○○ 代表取締役 ○○○○ 様 本日、平成29年3月16日付の辞令を受け取りましたが、このたびの一方的な解雇通告、解雇撤回、営業局販売部への配置転換命令の辞令のすべてについて、承服できません。 平成29年2月20日付での解雇の際、整理解雇をするに…

最後の反論メール

かつて、こんなに推敲を重ねたことがあっただろうか 私はというと、お昼前からパソコンに向かって、せっせと「解雇、解雇撤回、配置転換に承服できないメール」を打ち込んでいました。全体の流れはカリスマさんの草案に沿いつつも、丁寧に、承服できない理由…

まずはカリスマさん渾身のメール草案

会長からのメールはまだかと待ち構える私のところに、まずは練り直されたカリスマさんのメール草案がラインで到着しました。 内容としては→辞令と今回の一連の流れに承服できないこと・解雇の4要件を満たさずに解雇しておきながら、一方ハローワークで人員を…

当初の解雇予定日まであと4日

すぐに反撃のメール草案を考える カリスマさんが強引に辞令を渡された日には、子持ちママさんと私には辞令のメールは来ませんでした。もともとの解雇の日付は3/20。解雇撤回にも同意できないのならば(労働局には、この場合は筋が通らないと言われたけれど)…

あわただしくなってきた

ちょっと長めの春休み 3/16となり、ここに来て解雇が撤回され、どうやら私の長めの春休みも終わろうとしていました。この休みに入ってからは、可能な時は、近所の川沿いにある遊歩道を2.5kmほど歩き、その先にある大きな公園でポケモンのジム戦をして(笑)、…

2回目の某ユニオンへ

おっちょこちょいな人にフライングで配置転換の話が来てしまったので、急遽、彼女とカリスマさんと私で、2回目の某ユニオンへ相談にいきました。今回はカリスマさんの叔父様と、現役でバリバリに出版社と闘っていらっしゃるTさんも同席してくださいました。 …

本当に汚いやつかもしれない

3回目の労働局へ 翌日、再び労働局に行って、以前に相談したTさんにも、この3週間にあったことを報告しました。やはり、申し入れをしておいて、撤回されたことに同意できないというのは筋が通らない。パワハラはあった時に相談するしかない。パワハラがある…

打つ手はなくなったのか

こんな無茶苦茶が通るのか 喫茶店に集まった私たちは、しばし呆然としていました。子持ちママさんは元より有給休暇を取りきることさえできればいいので、自己都合で辞めて、有休を取りきるための手段を講じればよいということで、結構さっぱりとしていました…

まったく予想がつかないことばかり

週末に回答を想定し対応を決めておく 3/9~3/12までの週末は、うちの子どもの少し早めの誕生日会をしたり(本当は3/13)、引き続き転職活動をしたりしました。このまま3/20で解雇となれば、正社員の身分はあと1週間ほどしかありません。しかし、私が探し始め…

某ユニオンに行ってみた

叔父様が某ユニオンの元役員! 年金事務所でガッカリしてしまった私ですが、この日はもう1件立ち寄る予定になっていました。それはこの業界の某ユニオンです。別に伏せる必要はないかもしれませんが、一応は全面解決するまでは伏せておいてみます。 実は、カ…

年金事務所に行ってみた

今回の解雇にはいろんなことが絡み合っていて、それぞれの事項ごとに相談に行く場所が違うので、なんだかやたらとあちこちに相談に行っているような気がします。例の「社保の会社折半分負担のため、給料から一律3%ずつ天引き」が違法ではないかとの指摘を労…

見通しがついてきたかな??

理由書に警戒心ゼロ 3日の金曜日に受け取った理由書には、「書籍編集部の赤字は○○○○万円にも及び、このままでは会社の経営が立ち行かなくなるため、書籍編集部を3/20をもって解散し、それに伴い貴方を解雇します」というようなことが書かれていました。カリ…

今度こそ最後の出社になるのか

有休のはずなのに出社w さて、理由書がもらえると言われていた3/3は、皆それぞれに書類を作成して、朝から出社していました。情報によると、前日に会長が弁護士に相談に行ったということで、これはなんらかの書類が出るのだろうと思われました。 当初は午前…

引き続き、理由書を求めるための準備

なんと他にも仲間がいた! 実は、このゴタゴタがあった最初の週末に、おっちょこちょいな人と書店営業のOさんが、書店でのイベントのために休日出勤をして立ち会っていました。そのときに、ふと「書籍もいろいろ大変なんですよ」とおっちょこちょいな人がこ…

理由書をもらうのがまずは第一関門

解雇通告で体調不良 2/20の口頭での解雇通告を受けてからの一週間は、精神的にも体調的にも不安定で、微熱が引いたと思っても、会社にいると寒気がして具合が悪くなり、早退して熱を測ると37.8度といった微熱が再び出ていて、寝込んだりしました。1日おきに…

専門家に話を聞いてもらう

法定の有給休暇はちゃんと取る 労働局に行くと、あちこちに「あっせん」と書かれていますが、「なにをあっせんするんだろう」と私は呑気に眺めていました。それぐらい、私には労働争議など馴染みがなかったのです。それに、カリスマさんの弟が弁護士というこ…

まずはどこかに相談だ!

とりあえず片付けようということで 前日の睡眠が3時間しかなかったため、さすがに休んだ日の夜は普通に7時間は眠れました。私には途中になっている仕事がなかったので、とりあえずはデスク周りの私物やパソコンの中のデータなどを片付けようと思い、会社へ向…

とにかく寝られない・・・・

結局は資金繰りがうまくいっていない 会長からの口頭での解雇通告のあった日の夕方、慌てふためいたメールをしてきた編集局長さんが出先から戻ってくるというので、会社近くの喫茶店で話を聞くことになりました。といっても、編集局長さんも「昨日いきなり会…

実はブラック企業に勤めていました(苦笑・・・)

そもそもその予兆はあった・・・・ 4回目の年女を迎えるほどのいい年をして、ブラック企業に勤めていたなんて恥ずかしいですね……。私がいたのは、社員25名程度の小さな出版社(正しくはまだ籍がある)。実は入社する前から「ちょっとブラックかな?」とは思…