読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

理由書をもらうのがまずは第一関門

解雇通告で体調不良

2/20の口頭での解雇通告を受けてからの一週間は、精神的にも体調的にも不安定で、微熱が引いたと思っても、会社にいると寒気がして具合が悪くなり、早退して熱を測ると37.8度といった微熱が再び出ていて、寝込んだりしました。1日おきに眠れない日があったり、24日の金曜日は子どものアレルギーのことで予め休むつもりで有休をとったのですが、三連休明けの月曜日は会社に行くのにいろいろ考えてしまって、前日の日曜日の夜はやはり眠れずに、3時間ほどの睡眠しか取れなかったりしました。

とはいえ、このころになると、「明日からどうしよう」という不安よりも、「法定の有給休暇の申請を出して、会長が文句言ってきたらどうしよう。頭にきて怒鳴りつけたりしてしまいそうだわ」「私が突き飛ばしたら会長なんか吹っ飛んでいってしまうし、なによりも74歳のおじいさんなんだから、突き飛ばしたらまずいよね」などと考え、頭の中でいろいろな想定問答を繰り広げてしまい、眠れなくなるという感じでした(笑)

この会社に来て、体調不良で会社を休んだことは1度もなかったのですが、やはり「病は気から」というのか、気持が弱まっていると(一応w)、ただの風邪もなかなか治らないものです。

会社に来るのもあと2日?!

とはいえ、3/1から有休となると、週明けに会社に行くのは2/27,28の2日間だけです。私物はあらかた片付いてはいましたが、持ち帰るものはかなり多く、パソコン内のデータもDVDなどに焼いて、ハードディスクの中をほぼ空にしました。もちろんメールのバックアップも取って、持参したUSBメモリに入れて、パソコンのメールボックスも空にしました。「解雇なんだから引継ぎする気もない。これまで3年間継続してきた書籍も、来年にやるときは大変かもね~w うんと困ればいいわ!」という気持だったので、とにかく会社のパソコンは空にしてやりました(笑)

また、弟弁護士から知恵を授けられたカリスマさんが、「とにかく解雇理由書をもらわなければ」と、口頭での通告があった翌日には、会長に「理由書下さい」と言ってくれていたので、それをちゃんと受け取るのが当面の課題でした。私が寝込んでいる間に(実際は寝込めなかったですがw)しっかりと手順を踏んでくれていて、カリスマさんは本当にとても頼もしいです。

この「解雇理由書」というのをもらうことは、会社から解雇になった際にはとっても大事なものだそうで、会社はこれを請求されたら、拒むことはできません。そういうことに聡い経営者だったら、解雇通告した社員がこれを請求してきたら、「訴えられちゃうかも」とビビって、のらりくらりと交わそうとしたり、なかなか出してこなかったりすることもあるようです。出てこなければ、なんども請求書の書面を突きつけ、それでも出てこなければ、労基署に訴え出て行政指導してもらうことになるようです。

うちの会長の場合は、カリスマさん曰く「もう言ってきたか!」という感じで、とたんに機嫌が悪くなったそうですw 「今週末(口頭通告のあった週)か来週頭にはください」と言ってあったそうですが、週明けになっても出てこないままで、3/1から休みに入る私は「少なくともあと1回は、解雇理由書を取りに会社に来なくてはならないな」と思いました。

これがきっかけでラインを始める(笑)

それから、私はラインをやっていなかったのですが、メンバー4人のうち、3人はラインで連絡を取っているというので、今回のことは一堂に会して連絡を取った方がいいだろうと思い、私も週末にラインアプリをダウンロードして登録しました。月曜日には、おっちょこちょいな人に招待してもらってライングループに入れてもらい、遅まきながら私のライン生活が始まりましたw 「ラインて、メールとなにが違うの?メールだってグループメールできるよね」と思っていた私ですが、始めてみてなるほどと思ったのは、やはりラインの魅力はスタンプの豊富さ、面白さなんですね。「いや、そんなところじゃない」という意見もあるかもしれませんが、私はそう思いました(笑)あと、早速フジテレビのフィギュアスケートのラインもフォロー(?)しました。3月末には世界選手権がありますからね(ゝ∀・)

書籍編集部 最後のランチ会?!

私が3/1から有休消化に入って、そのままフェードアウトすると言っていたので、「じゃあ、書籍編集部の最後ってことでランチ会しますか!」となり、最終日の28日はメンバー4人で長めのランチを取りました。みんなそれぞれ解雇通告をショックに思っていました。

子持ちママの人は、子どもの保育園のために、とにかく失業保険を使わずになんとか退社日付を4月末~5月に伸ばしてもらう方向を模索していました。11年も勤めている子持ちママさんには、本来なら法定の有給休暇が40日もあります。不当解雇なのにこの有休を使うこともできず、3/20で切られてしまうというのは、どうにも納得がいかないのです。このことを考えると、やはり夜もあまり眠れず、ご飯もたくさん食べる気になれない様子でした。

おっちょこちょいな人も、おっちょこちょいだけれど気持ちがとても優しい人で、たいそう困りきっていました。口頭で通告された日の翌日には1人でワインを1本開けてしまったといいます。朝も、夜中の3時とかに目が覚めてしまい、「あれ?なんだっけ?あ、そうだ、私は解雇されちゃったんだ・・・・・・」と現実を確認して眠れなくなる始末。

カリスマさんだけはちょっと様子が違います。なんといっても弟が弁護士さんですから、「会社からカネを取れるだけとってやろう。次はどんな文書を会長に突きつければいいの?!」と息巻いていました。「次はどんなことをやれば会長をギャフンと言わせられるか、次々と畳み掛けたいから、常に策を練っている」とのことで、本当に「会長もカリスマさんだけは怒らせないほうがよかったのにね|||(゚ー゚;Aシラネーゾ」と思うほど怖いです(笑)