読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

見通しがついてきたかな??

理由書に警戒心ゼロ

3日の金曜日に受け取った理由書には、「書籍編集部の赤字は○○○○万円にも及び、このままでは会社の経営が立ち行かなくなるため、書籍編集部を3/20をもって解散し、それに伴い貴方を解雇します」というようなことが書かれていました。カリスマさんは「警戒心ゼロだね。これで本当に弁護士に相談したわけ?」と余裕綽々でした。

その夜、カリスマさんからラインで「緊急!」と号令がかかりました。実は、会社のカラオケ雑誌の編集部員で、今回の私たちの解雇とはまったく関係なく、社員が1人自己都合で辞めることになり、そのため、どうやらハローワークに募集を出すらしいことがわかりました。このあたりの情報網のすごさにはいつも感心させられます。弟弁護士さんから「4人の社員を解雇しておいて、別の部門で新たな社員の募集をかけていたら、それは違法行為だ」と指摘があり、「ハローワークの募集を見つけたら、すぐにスクショ!」との通達がされましたw

違法行為の証拠をつかんだぞ!

翌日の4日の朝9時すぎに、おっちょこちょいな人から「ハローワークの募集見つけましたよ」とラインが入り、すぐにスクショも流れてきました。本当にIT化時代は恐ろしいものです。あっという間に情報が発見され、みんなのところへ一斉に、瞬時に流れてきます。私も早速スクショして、プリントアウトもしておきました。これで、このあとに労働局にあっせんを依頼したり、裁判で争うことになった時には、今回の解雇が不当であることの証拠になります。

その週末は、先の見通しもついたような感じで、久々にぐっすりと寝て、5日の日曜日には、家族で越生の梅園を見に行ってのんびりと過ごしました。